SFAは営業を効率的に進めていくシステムですが、その関連のシステムとしてはどのようなものがあるかも知っておくと連動性も理解できて、SFA自体もスムーズに使うことができるのではないかと思います。その例としては、インターネット関係ではメールマガジンなどの顧客管理システム、サイトなどの管理システム、また営業のサポートとしてのコールセンターシステムやアフターサービス管理システム、またダイレクトメールなどの販促システム、ポイントカードなどのカード管理システムなど様々なものがありますが、最近はビッグデータなどの利用もよく話題にのります。そのように営業も多方面に目をやらなければなりませんので、営業でもその中のひとつとしてのSFAの導入は欠かせないのではないかと思います。もともとシステムの導入は、人のサポートということなので、営業でもそのサポートは重要ではないかと思います。

スマートフォンでより便利にSFAを活用

SFAは企業の営業を向上させるITソリューションですが、そのデバイスとしてスマートフォンなど機動性のある端末が利用できることが、何よりの強みと言えるでしょう。多忙な営業活動では、事あるごとに帰社することは時間のロス以外の何ものでもありません。SFAの導入は、スマートフォンがオフィスと同等の機能を持つことでもあります。これにより居場所に左右されることはなく、自社のサーバーから資料を集め、上司への報告や相談もSFAの利用でより効果的に行えます。また、その営業軌跡は他の仲間の営業担当者と共有できますので、見込みが持てる取引先など、タイムリーに有効な情報を共に有することができます。これまではその情報共有には一旦会合する必要がありましたが、このソリューションではそれが不要になります。その結果、営業の本分たる顧客先に向かうことに、多くのスケジュールを当てることができるようになります。

SFAの導入と便利なシステム

SFAの導入でのポイントは、やはりわかりやすさ、使いやすさではないかと思います。営業は毎日の作業なので、毎日使うシステムになり、それも頻繁に使うことになります。そうなるとやはり使いやすくないと、スムーズに作業が進みません。また機能が多くて便利でも、システムが重すぎて表示に数分かかるということもあります。それでは意味がない導入にもなります。そのような意味でも、使いやすさシンプルさ、可視化などのわかりやすさは、必修ではないかと思います。そして自社が使う項目が特に優れていないと、導入した意味もありません。そのように色々なベンダーのシステムの中から、自社にあっているシステムと、またどのように有利に使い業績のアップに利用できるかということも考えて決めるということが重要になるのではないかと思います。それはベンダーの説明で十分に理解できるだろうと思います。