SFAの利用では、SFA自体が営業支援システムということですから、営業にいろいろな面からのサポートが出来るシステムであるということで、それぞれの企業の課題に即応した営業支援システムの構築ができるということが大きなメリットだろうと思います。顧客管理や営業のためのアイテムの提供なども重要な営業支援ですが、それぞれの会社の性格や規模にあったシステムを構築して、将来発展していく過程でもそれを進化発展できるシステムということになり、SFAの導入自体が会社の営業や構造をより有利に変化させていくことができるのではないかと思います。それぞれの会社は生き物だと言われていますが、ひとつの独立王国のようなもので、様々な性格があり、その構成されている人やトップの性格も反映されます。そのことを考えてみると、自社の弱点をカバーしてくれるのがこのシステムでもあり、発展する可能性の箇所を示してくれているのもこのシステムではないかと思います。

個々の営業管理もしっかりサポートするSFA

会社での営業と言えば回る先は一社ではありませんから、営業担当者は複数を担うことになり、その営業管理も大変です。そのような状況でもSFAはITの力を利用して、実に的確な管理と支援を可能にします。何処に何をどれ位売るか、などの管理も、営業に携わる全メンバー分を一本化してデータ化しますので、自分の担当している営業先を的確に管理することができます。製品により異なる場合もありますが、SFAには警告の機能も搭載されている場合があります。その機能では、多数の営業先に埋もれて訪問頻度が下がった営業先や、達成目標から大きく下がった営業先を、警告して教えてくれる機能があります。それによって上役から指摘が入る以前に、自分でその事実を知ることができます。SFAには営業全体を統括する一方、個々の営業担当者に対しても、細かく支援してくれる存在です。

SFAの導入でのこれからの可能性

SFAというシステムは、今までは顧客管理や営業支援ということでの営業の補助的な性格があったと思いますが、これからのSFAではその名前の通りの営業支援システムから進化したシステムになっていくのだろうと思います。それはインターネットなどを利用しためまぐるしいビジネス面などでの進化があるからで、当然業績が上がり、大きな企業になればなるほど、その進化の激しい変化にさらされていくということで、そのことを考えても、営業支援システムの進化系はこれからは必須のビジネスのアイテムになるだろうと思います。SFAの導入がまだの企業はできるだけ早く導入して、それを早く自社に消化して、自社のシステムに融合させて自由自在に使いこなすことができるようにしておくと、これからの変化にも素早く柔軟に対応ができるのではないかと思います。そのような意味からも将来のビジネスの発展に向けての導入は必須だと思います。